糖尿病の予防になる食事や睡眠など生活習慣について

糖尿病,予防,睡眠

糖尿病には1型と2型があり、日本人の多くは2型のものを発症しています。
ストレスや食生活、運動不足などの生活習慣が原因で起こる場合があります。

 

このような生活習慣に注意すれば予防となり発症しにくい身体になることが出来ます。
予防の基本は食生活で、自分の食べるものに気を付けるようにします。

 

近年の日本人の食生活は欧米化しています。
欧米化した食生活をしているとインスリンを分泌する力が衰えてしまうことがあります。

 

膵臓の負担を軽くするためにもバランスの取れた食事に切り替えましょう。
できれば和食などの低カロリーな食事にします。

 

何か特定の食材を食べれば予防になるということはありません。
偏った食事に注意することが大切です。

 

食事は3食きちんと摂るようにして、高カロリーなお菓子などの間食は控えましょう。
適度な運動も予防になります。

睡眠不足は糖尿病予防の大敵

糖尿病,予防,睡眠

運動することによって血糖値の急上昇を抑えてくれます。
適度な運動を続けることでカロリーを上手に消費し、ストレスを解消することが出来ます。

 

運動では使った筋肉によって予防効果を高めることが出来ます。
なるべく全身の筋肉を動かせる有酸素運動を取り入れるようにします。

 

無理なく自分のペースで続けられるようになり、運動する習慣が身に付きます。
睡眠不足やタバコなどの生活習慣も血糖値を上げてしまうことがあります。

 

肥満や糖尿病の原因になります。
タバコを吸っている場合は禁煙をするようにしましょう。

 

睡眠不足の人はなるべく睡眠時間を確保するようにします。
睡眠時間を確保するためには夜遅くまで起きないようにしてください。

 

眠くなくても早めに布団に入るようにします。
忙しくて睡眠時間を確保することが難しい場合もあると思います。

 

その場合でも数分ずつでも長く睡眠出来るようにスケジュールを調節するようにします。
数分ずつでも長く寝ることが出来れば、少しずつでも睡眠時間をのばすことが出来ます。

 

>>糖尿病予防サプリはこちらが参考になります!<<